梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

ワクチン・くすりのQ&Aワクチン・くすりのQ&A

手術しないで斜視を治す方法はありませんか

2008/08/06

斜視の手術をすすめられましたが、訓練など何もしていないのにいきなり手術というのに戸惑っています。
斜視を治すには手術しか方法がないのでしょうか。
その場合、早くしないとひどくなったりするのですか?

手術をするかは原因によりますが早めの対処が必要

 斜視というのはいろいろな原因によって起こるもので、それによって対処の方法も変わってきます。原因として一番多いのは遠視による屈折性内斜視で、もっ とよく見ようとするために内側に寄り目になるものです。この場合、遠視を眼鏡で矯正すれば、斜視も良くなってくるので訓練も可能です。けれども、それ以外 の原因によるものだと、たいていの場合手術が必要となります。また、遠視でも訓練がうまくいかず手術をすることもあります。普通、人間は両眼視といって、 両方の目をバランスよく使い、形を把握したり、距離を測ったりしています。斜視だと両眼視がきちんとできず、片目でしか物を見ないことになります。もう一 方の目はボンヤリとしか見えていないのです。両眼視は5歳くらいででき上がると言われています。ですから、手術が必要な場合は延ばし延ばしにしないほうが いいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

子育ての気がかりQ&Aへ戻る