梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

こんなとき…こんなとき…

暑い日のクーラーは?

2003/05/05

 なんだか猛暑です。熱帯夜が続きます。こんな時はクーラーのありがたみをつくずく感じますが、小さなこどもにはクーラーはどうなんでしょうか。

 クーラーをかけたので風邪をひかせたと言ってくる方がいます。大人でもクーラーの冷気を直接吸い込んでいるとのどがおかしく感じますからこども
にも影響はあるでしょう。でも、それが原因で熱が出たりすることはありません。夏の風邪はウイルスによるものがほとんどです。冷気でのどが痛くなるのは乾
燥した冷たい空気がのどを刺激すること、フィルターについているカビやほこりの粒子でのどがアレルギー反応を起こすことなどが考えられます。ですから、
クーラーをかけるときは直接冷気があたらないようにする、フィルターはまめに掃除するなどの注意が必要です。

クーラーで室温が下がっても外は高温多湿です。極端に違った環境を行き来すると身体はなかなか順応できません。一日中ずっと同じ部屋で過ごすと
いうのなら別ですが、外気とあまり大きな温度差を作らない方がいいようです。だいたい温度差を5度以内とするのがいいようです。また、いくら暑いといって
も明け方には少し気温が下がりますから、明け方までにはタイマーで切るようにした方がいいでしょう。

 クーラーはなんと言っても文明の利器です。かつては夏は病気のオンパレードだったのですが、今は医者の夏枯れの季節です。これも暑い夏が過ご
しやすくなった事が大きいようです。マンションのように密集した箱の中にいると、思うように通気ができませんし、日陰もできません。文明の利器は上手に使
うのがいいのです。

「クーラー使って風邪引かせちゃいました」

そんなことありません。クーラーを使わなくたって風邪は引いたことでしょう。おまけにあせもがいっぱいだったと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

こんな時どうするへ戻る