梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

こんなとき…こんなとき…

夜泣き

2003/05/05

7カ月、10カ月の検診の最後に「何か気になることとか心配なことはありませんか」とたずねます。すると必ず何人かに一人のおかあさんは「実は夜泣きのこ
となんですが、、、」と切り出してきます。夜泣きは病気ではないと分かっていても当のご両親にとっては切実な問題です。かくいう私の長女ももう10年以上
前のことですがしっかり夜泣きをしてくれました。当時は民間アパートの音が筒抜けになるようなところに住んでいましたから隣にたいする気遣いもあり、寝か
せてもらえないことと相まって本当に苦労しました。一応小児科医ですから夜泣きについて調べはしましたが、やはり原因ははっきり分からないというのが本当
の所です。のどが渇いた、どこかが痛い、お腹が空いた、などいろいろ原因が考えられますが、じゃあ、毎晩そういう状態なのかというといつも同じ状態という
ことは考えにくいのです。とすると一体何なんだろう、長女が話ができるようになったら聞いてみたいとそのころは結構真剣に考えました。

夜泣きはいつ頃はから始まったのかはみな鮮明に記憶していますがいつ頃収まったのかということになると「さあ?いつ頃だったかな」ということが多いようです。そういえば泣かなくなったなあということで「やっと出口に来た」という到達感はあまりないようです。

明けない夜はなく、治らない夜泣きはないという位の気持ちで向き合うのがいいと思います。わが家の場合はたまたま引っ越しすることになって部屋数
が増えたので長女を一人で寝かせました。一人で大声で泣いていましたがそのうちやんだようです。夜泣きがなくなった頃にはベビーベッドの柵を乗り越えるよ
うになり、夜中に歩いて私たちのベッドにもぐり込んでくるようになりました。でも、その頃には次の夜なき予備軍ができていたのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

こんな時どうするへ戻る