梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

Dr.かたおかの診療日誌Dr.かたおかの診療日誌

カテゴリーアーカイブ
過去6ヶ月のアーカイブ

口蹄疫ワクチン

2010/05/20

 宮崎県の口蹄疫はまだ終息の気配がない。すぐに殺処分する牛豚とワクチンを接種してから殺処分するのに分けるらしい。

 ワクチンを接種しても病気の進行を遅らせるだけで治癒は望めないらしく、ワクチンを接種した家畜は肉質が低下して食用にはならないらしい。

いったいどういうワクチンなのだろう。と言うことで調べてみた。

日本獣医学会HPの人獣共通感染症・口蹄疫との共生に詳しくかかれていた。

どうやら現行のワクチンはウイルス全粒子を使った不活化ワクチンのようだ。

効果は大きくないので、完全な治癒は望めない。ワクチンを接種しても殺処分することになる。

予防としてワクチンを接種しても感染することがある。症状が隠されてしまうがウイルスは排泄されてしまうのでかえって危険だという。肉質が落ちるという副作用もあるとのこと。

どうも私たちがふだん人間に接種しているワクチンに比べて効果も安全性も低いできの悪いワクチンという印象である。

一番の問題点は、口蹄疫の流行は家畜の血清で口蹄疫の抗体があるかどうかを調べるのだが、ワクチンを接種してあると自然感染との区別が付かなくなる。

口蹄疫ウイルスが駆除されて清浄化したかどうかは抗体検査で決まるのである。

このため、ワクチンによってできた抗体かどうかを区別できるようにしたマーカーワクチンの開発が望まれているが、まだ実用化には至っていない。

と言うことで、およそのことはわかったのだが、ワクチン接種で肉質が落ちるという話は見つけられなかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※表示されている文字を入力してください。

診療日誌TOPへ戻る