梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

Dr.かたおかの診療日誌Dr.かたおかの診療日誌

カテゴリーアーカイブ
過去6ヶ月のアーカイブ

RSウイルスが続々

2014/12/04

インフルエンザが出てくるとRSウイルスが引っ込む、と以前は言われていた。

ところがインフルエンザの流行が始まって、学級閉鎖もあちこちで起きるようになった今も、RSウイルスによる細気管支炎が多発している。

ザックリ言うと、4-5歳以下はRS、5-6歳以上はインフルエンザという感じになっている。

ゼロ歳前半のRSウイルス感染症は多くないので、あまり重症な子はいない。

その代わりというか、元気だが熱が長いというケースがよくある。熱が1週間というのは珍しくない。

インフルエンザにしろRSウイルスにしろ風邪と言えば風邪なのだが、どんな風邪かを知っておくことは大切。

病気には自然歴というものがある。

診断をつけるという事はその自然歴を知ることである。

たとえ特別な治療がない病気でも、安心して経過を見ていくためには診断は大切。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※表示されている文字を入力してください。

診療日誌TOPへ戻る