梶が谷駅から徒歩7分
かたおか小児科クリニック

0280-62-10110280-62-1011

WEBからのお問い合わせはこちら

Dr.かたおかの診療日誌Dr.かたおかの診療日誌

カテゴリーアーカイブ
過去6ヶ月のアーカイブ

肘内障

2016/06/19

先日、小児急病センターの当番で出ていたときのこと。電話対応をしている看護師さんの話を横で聞いていた。

お父さんが1歳児の手を引っぱって遊んでいたら、右手にポキッという感触があって、それから右手を動かさなくなった、という話のようだった。

これは、話を聞いただけで、肘内障!とわかるケース。

通常、小児急病センターでは整形外科疾患には対応しないので、対応できる病院を紹介する事になる。出動医が必ずしも整形外科的対応が出来るとは限らないので、そういう取り決めになっている。でも肘内障なら簡単な手技で整復できる。

電話の横から、来てもらって!、看護師に伝える。

肘内障の非観血的整復は簡単な手技の割に処置点数が高い。何と言っても劇的に症状が改善するので、保護者にもものすごく感謝される。コスパが良いのである。

しばらくして子どもさんが来院。

もう泣きやんでいる。

腕も挙がるじゃないか。

痛くないのかな?

肘内障の整復術をやってみる。

整復されるとポキッという感触があるのだが、そういう反応がない。

自然に戻ったみたいだ。

ちょっと残念な気もしたが、よかったね、治って。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※表示されている文字を入力してください。

診療日誌TOPへ戻る